外国為替証拠金取引で投資の勝ち組へ

カントリーリスク

その名のとおり国によるリスクです。

アメリカのテロが起こったときどうなったでしょう?
もちろんドルが売られました。
簡単に言えばこれがカントリーリスクです。

ただこれは未然に防ぐことができません。
関東大震災がいつおこるなんかわからないよう
いつおこるかなんて予測が出来ません。

ただニュースをみていればこの国がもめている
とかわかればリスク回避できる可能性が高くなります。
できるだけ世界の情報にアンテナをはってください。
そうすれば世界情勢を理解でくると思います。
posted by 外国為替証拠金取引マスター at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22029583

この記事へのトラックバック

カントリーリスク
Excerpt: その国の政治や経済、社会の変化によって投資したお金が、回収不可能となる危険度のこと。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-08-10 17:29

ソブリン(カントリー)リスク
Excerpt: ゾブリンリスクはカントリーリスクとも呼ばれ、取引相手の国の事情で、締結してあった為替予約が実行できなくなるリスクの事を言う。
Weblog: 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識
Tracked: 2006-08-22 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。